でく工房カタログ
2011 / 02 / 27 ( Sun )

ハンディのあるお子さまの製品も最近いろいろでてきています。

バギー、カーシート、シャワーチェー、歩行器など。

購入しようと思ったときにはカタログやネットで情報を得ることになると思います。
情報のひとつとして、でく工房では独自に「でく工房カタログ」というものを作っています。
主だった製品のカタログを「でく工房カタログ」というファイル1冊に集めています。
種類ごと、つまりバギー、カーシート、シャワーチェアー、歩行器などに分類してファイルしてありますので探したり比べたりしやすくなっています。

カタログ1    バギーの目次ページ

 カタログ3  歩行器の目次ページ


目次を見るだけでもどんな製品があるのかわかるようになっています。
世の中ネットでいろいろな検索ができるようになってきましたが、福祉用具についてはまだまだそこまでいっていないようです。
キーワードを入れれば一覧が見られて、簡単に比べて探す、というところまではいっていないようです。
少しでもお客様がわかりやすいようにと、今のところ手作りファイルで対応しています。
カタログの変更があったときはその都度入れ替えをしてなるべく最新情報を提供できるようにしています。

定期的にお伺いしている施設には置かせていただいていますので、ご利用の方はどうぞご覧ください。



 

スポンサーサイト
21 : 44 : 51 | 製品案内 | コメント(0) | page top↑
高崎でイベント
2011 / 02 / 15 ( Tue )
 先日11日、雪の降る中高崎に行ってきました。

昔からの友達が所属する“工房あかね”
ここは障害者の芸術活動を支援している工房です。
この日は辻野雅彦さんという障害のある方が描いた絵の個展の期間中。
大正時代に建てられたという建物に足を踏み入れ目に入ってきた辻野さんの絵。
筆で描いた単純化された女性がたくさん飾られていて、その絵に感動。
辻野さん、一冊の女性グラビアを飽きずに何度も何度も見ていてこれらの絵を描くそうです。

辻野さんの絵と一緒に「すくい易い食器」と食器を説明するパネルがうまくマッチした素敵な空間になっていました。

工房あかね1 
工房あかね2 

この日、このホールで光野有次さん(でく工房を創設者の一人)が「ユニバーサルデザインとバリアフリー」の話し。
続いて私が「すくい易い食器について」の話し。
それから「すくい易い食器」を使ってみようということで、スープやピラフなどを器に入れて食べてみました。

ステキな絵の中で、食器の話しをし、実際に器においしいお料理(有機野菜を作っているご夫妻の料理)を盛って食べ、それから集まった人たちで楽しいおしゃべりのひとときを過ごしました。

今までにない楽しい企画。
美江さん始め、ご協力いただいたみなさん本当にありがとうございました。


17 : 52 : 20 | すくい易い食器 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |