アビリティーズ 車椅子クッションを知ろう
2017 / 07 / 31 ( Mon )
7月29日(土)の、午前中は「アビリティーズ」車椅子クッションを知ろう!! でした。

今日は、多摩地区の療護園の方たちや福祉用具の販売やレンタルの会社の方など10人近くの参加者がありました。
アビリティーズ・ケアネットさんからは、佐野さんと大竹さん。
ロホ・クッション製品を全て持ってきてくださいました。
痛みや不良姿勢を直す重要な役割が「クッション」です、と。
車椅子の利用者である佐野さんご自身の褥瘡の体験をお聞きしました。


DSC_0573.jpg 

DSC_0576.jpg DSC_0582.jpg 

座圧計で、姿勢の違いによる圧の変化を確認。
その後、ロホクッションの空気の調整の仕方を教わり、全員が実際に座って調整してみました。
ゆっくり時間をとって、体験しながら調整できたので、ちょっとたいへんと思っていたロホが、身近なものになりました。
ご要望があれば、今日のような講習をどこでもやりますということです。
皆さま、どうぞご利用ください。

午後は、清瀬療護園の車椅子担当の方たちの希望で、シーティングの基礎講習会をしました。


***************
次回勉強会のお知らせ

9月9日(土)10:00~12:00 
「理学療法士から見たシーティング」

10月の「こどものための福祉機器展」や5月に開催した「楽しくて・ちょっとためになって・元気がでる日!」の相談コーナーでも協力をいただいている、PT小川順也さん、PT岡野菜摘さんのお話しです。
どなたでも参加できます。事前にご連絡をお願いします。


スポンサーサイト
18 : 18 : 39 | お知らせ | コメント(0) | page top↑
<<理学療法士から見たシーティング | ホーム | 木馬工房>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |